今が旬!春キャベツの人気おすすめレシピ/簡単・おいしい!

3~5月にかけて旬を迎える春キャベツ・
新キャベツの、おいしくて簡単に作れる
人気のレシピをご紹介します!

 

スポンサードリンク

春キャベツのコールスロー

コールスロー_mini

出典:http://cookpad.com/recipe/2645124

 

<材料>(たっぷり2人分)
春キャベツ:200g
にんじん:50g
コーン:50g位

■ 調味料
塩:ひとつまみ
すし酢:大さじ1
マヨネーズ:大さじ1
コショウ:少々
レモン果汁(あれば):一絞りまたは一振り


 

細かく刻んだ春キャベツとにんじんに
塩をもみ込んで、コーンを加え、
調味料を入れて混ぜ合わせるだけ!

塩の加減でにんじんのパリパリ感を
お好みに調節できたり、
調味料の入れ方を変えることで
ひと味を違うサラダになります。

野菜をたっぷり摂れるコールスロー。
レシピを覚えておいて、簡単に
一品作れるといいですよね^^

 

コツなど詳しいレシピは→こちら

 

スポンサードリンク

春キャベツのおいしい食べ方!

春キャベツ食べ方_mini

出典:http://cookpad.com/recipe/350393

 

<材料>(1皿分)
キャベツ:適量
かつお節:1袋
EXバージンオリーブオイル:大さじ1
めんつゆ:大さじ1
レモン汁:大さじ1/2~大さじ1

 


 

ざく切り、もしくは手でちぎった
キャベツを耐熱皿に入れて
かつお節や調味料を回しかけ…

あとはレンジでチンしたら出来上がり♪

キャベツは手でちぎると
包丁の後片付けの手間が省けて、
味もしみこみやすくなりますよね!

シンプルながら、甘いキャベツ
そのものの味と、さっぱりとした
レモン味を楽しめるレシピです。

 

コツなど詳しいレシピは→こちら

 

春キャベツのロールキャベツ

ロールキャベツ_mini

出典:http://cookpad.com/recipe/3004174

 

<材料>(2人分)
キャベツ大きめ:2枚
合挽き肉:120g
玉ねぎ:2分の1
塩こしょう:少々
ウェイパー:大さじ1
ケチャップ:大さじ3
醤油:大さじ1
水:適量


 

混ぜ合わせたたまねぎとひき肉を
レンジでチンした大きめの
キャベツの葉で巻きつけます。

小さめのお鍋に調味料と
一緒に入れて、一度沸騰させてから
弱火で20分ほどコトコト煮込んだら
出来上がりです。

調味料にはケチャップなどのほか、
ウェイパーを使っています。

味覇(ウェイパー)とは
鶏骨や豚骨、野菜エキス、スパイスが
入った万能スープの素のこと。

スープ以外にも中華料理を主に、
こういった洋食などにも使えるんですね。

 

コツなど詳しいレシピは→こちら

 

春キャベツと豚肉の蒸しもの

春キャベツと豚肉蒸し

出典:http://cookpad.com/recipe/2606413

 

<材料>(2人分)
キャベツ:3、4枚
豚肉:200g
オリーブオイル:適量
ブラックペッパー:少々
水:100cc


 

オリーブオイルをひいたお鍋に
キャベツと豚肉の薄切りを敷き、
ブラックペッパーをふりかけ、

水を入れたら弱火で13分、
火を止め5分ほど蒸らします。

素材の良さを最小限の材料で
引き出した簡単レシピですね。

お好みで、ゴマだれラー油や
ポン酢で食べるとgood!

他の具材も一緒に蒸せるので、
野菜をたくさん摂りたいときに
向いていますね。

 

コツなど詳しいレシピは→こちら

 

春キャベツの甘辛ひき肉丼

甘辛ひき肉丼

出典:http://cookpad.com/recipe/2633804

 

<材料>(3~4人分)
キャベツ:8枚
ひき肉(お好みの物):100g
人参:半本

味噌:大さじ1
酒:大さじ2
砂糖:大さじ1
みりん:大さじ1
醤油:大さじ1
オイスターソース:大さじ1
ほんだし(顆粒):小さじ1/2

豆板醤:お好みで
にんにく(みじん切り):一片
生姜(みじん切り):一片

紅しょうが:お好みで
胡麻油:大さじ1
水溶き片栗粉:片栗粉小さじ2+水小さじ2


 

材料が多いように見えますが、
ほとんどが味付けの調味料で
実は簡単すぎる丼レシピです!

キャベツとにんじんはカットし、
先に炒めたひき肉と一緒に火にかけます。

全体に火が通ったら調味料を加え、
最後に水溶き片栗粉でとろみを
つけたら出来上がりです。

紅しょうがもトッピングすると
キャベツの緑と彩りも良く、
食欲がわいてきますね。

味噌ベースでがっつり食べられる
ごはんメニューでした^^

 

コツなど詳しいレシピは→こちら

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ