名言あり…『ルパン三世 カリオストロの城』のネタバレあらすじ!

ルパン三世 カリオストロの城 [Blu-ray]

 

『ルパン三世 カリオストロの城』について
作品概要やあらすじ、
感想などをまとめてみました。

『ルパン三世 princess of the breeze』ネタバレあらすじと感想

 

スポンサードリンク

『ルパン三世 カリオストロの城』 概要

1977~1980年に放送された
アニメ「ルパン三世」第2シリーズ。

そのヒットを受けて製作されたのが
映画『ルパンVS複製人間』、
そして『カリオストロの城』でした。

“複製人間”といえば
「マモー」というキャラが有名ですね!
(右のやつ↓)

STYLISH COLLECTION ルパン三世(劇場版1作目)&マモー

 

話を戻して…

『カリオストロの城』は
ジブリで有名な宮崎駿さんの
初監督作品です。

はじめは、アニメーターの大塚康生さんに
依頼されたものが、気乗りしなかったため
宮崎さんへと要請されたそうです^^;

 

当時の宮崎さんは、2013年に
『かぐや姫の物語』を発表することとなる
高畑勲さんと別の仕事をしていました。

しかし、途中で降板して
『カリオストロの城』の製作に
取り掛かったのでした。

製作期間はわずか4ヶ月ということで、
かなり大変だったのではないでしょうか…

 

スポンサードリンク

『ルパン三世 カリオストロの城』 あらすじ

続いては、あらすじです。

怪盗・ルパンと相棒の次元は
カジノで大金を盗み出します。
しかし、それは偽札「ゴート札」でした。

ゴート札を作っているという噂がある
カリオストロ公国へ、ルパンたちが
向かうところからストーリーは始まります。

 

途中、ルパンたちは
黒服の男たちに追われる
花嫁姿の女性を助け出します。

しかし、彼女は指輪ひとつ残して
立ち去ってしまいました。

「大きくなりやがって…」
とつぶやくルパン。

ルパンは駆け出しのころにも
ゴート札に興味を持ち、
カリオストロを訪れていたのです。

そして、その花嫁姿の女性、
カリオストロ公国公女・
クラリスとも
出会っていたのでした。

STYLISH COLLECTION クラリス(ルパン三世 カリオストロの城)

 

現在の公国は王を失い、
実質的に支配するのは
伯爵家大公のカリオストロ伯爵

彼は正式に王の座を得るために
クラリスと無理やり
結婚しようと企ていました。

 

ルパンたちはゴート札の謎を解き、
クラリスを救い出すために
カリオストロ伯爵へ
挑戦状を送り付けます。

 

作品の見どころは?

この作品で“名言”といえば、
銭形警部の

「あなたの心です。」

というセリフでしょうか。
言うことがイケメンですねw
(※実際、顔がアニメ版よりかっこいい気がする…)

 

さらに、そのシーンに先駆け、
ルパンが幽閉されたクラリスの元へ
現れたシーンも人気があります。

「今は、これが精一杯」

ルパン三世 カリオストロの城 オリジナル・サウンドトラック BGM集(紙ジャケット仕様)

ルパンの明るさ、おちゃめさ、
やさしさが詰まった
素敵なシーンだと思います。

↑サントラのジャケットにもなっています^^

 

他にもカーアクションや、
次元、五ェ門、不二子たちも
伯爵とのアクションで魅せます。

いつものルパンと銭形警部の
やり取りも、もちろんあり(・∀・)!!

スピーディーな展開に
目が離せません!

 

まとめ<作品の感想など>

じつは、この作品の公開時期に
放送されていたアニメ第2シリーズの
再放送を現在、見ています!

はじめは何気な~く見てたんです。
「あ、ルパンやってるなー」くらいな感じで。

でも、それが見ていたら面白くって
今では毎日欠かさず見ていますw

 

正直、こどもの頃はそんなに
好きじゃなかったんですよ、ルパン。

でも、きっと大人になって見方が
変わった?のかハマってしまいました!

最近のアニメでは規制があって
できなさそうな表現が多く含まれているし、
音楽もおしゃれで感情豊かな印象。

今もアニメは好きでよく見ていますが、
昔は昔、今は今、それぞれいいところが
あるんだなぁと思いながら見ています^^

 

“名作”と呼ばれる作品には
ストーリー、キャラクター、音楽など
やはりそう呼ばれるだけの理由がありますね。

最後に『カリオストロの城』を見た
みなさんの感想などをまとめてみました☆

 

 

とっても素敵な作品です。
ぜひ見てみてくださいね~(*´∀`)ノ

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ