映画「おおかみこどもの雨と雪」簡単なあらすじ/ネタバレ/感想

おおかみこどもの雨と雪 BD(本編1枚+特典ディスク1枚) [Blu-ray]

映画「おおかみこどもの雨と雪」の一部ネタバレ含む簡単なあらすじや見た人の感想をまとめました。

まずは簡単なあらすじから!

 

【関連記事】
映画「サマーウォーズ」の簡単なあらすじ/ネタバレ/感想まとめ

スポンサードリンク

映画「おおかみこどもの雨と雪」簡単なあらすじ

天涯孤独の女子大生・花は、ある日、大学に忍び込んで授業を受ける「彼」と出会う。

花は彼に一目惚れし、彼もやがて花に惹かれていき、二人は恋に落ちる。

その中で花は、彼との幸せな生活を想像していた。

 

あるとき、彼は花に話さないといけないことがあると言い、自分が「おおかみおとこ」であることを告白し、オオカミの姿を花に見せた。

しかし、花は全てを受け入れ、同棲生活を始めることになる。そして、花は彼の子供を妊娠、出産する。

 

雪の日に生まれた女の子に「雪」と名付け、二人は大変可愛がり、彼は仕事に打ち込んだ。

それから間もなく花が二人目の子供を妊娠。生まれた男の子には雨の日生まれの「雨」と名付けた。

雪と雨は、狼に変身できる「おおかみこども」であった。

 

しかし、雨の出産直後に彼は亡くなってしまい、狼の姿だった彼は廃棄物として処理される。

その悲しみに打ちひしがれながらも、花は二人の子供を育てていく。

 

スポンサードリンク

やがて、雪は小学校にあがると、トラブルを乗り越えて友達を作り、人間の少女として振る舞うように。

対して、雨は小学校に馴染めず休みがちになり、山に魅かれていき、アカギツネを慕うようになる。

 

その背景にはどんな出来事があるのか、そこに込められた花、雪、雨、それぞれの想いは?

父親である「彼」を含めた家族の様子が見どころになってくると思います。

詳しいあらすじはこちらを参考にしてください。
映画「おおかみこどもの雨と雪」あらすじ

 

映画「おおかみこどもの雨と雪」を見たみんなの感想

作品を見たみなさんの感想や意見をまとめました。

感動する!泣いた!との声、多数(>_<。)

 

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ