大晦日に年越しそばを食べる意味&いつ食べる?子供の疑問解消!

094437

 

 

大晦日の過ごし方と言えば・・・

 

カウントダウンイベントに参加する?

家で紅白歌合戦を見て、除夜の鐘で年明け?

それとも気付いたら寝てて、年明けてる?w

 

家で過ごしても、外で過ごしても

「年越しそばを食べる」という人多いですよね。

でも、なんで年越しにそばを食べるのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

 

どうして年越しそばを食べるの?

 

わが家では年越しそばを食べる習慣があったので、

「大晦日は年越しそばを食べる」のが

小さい時から普通のことになっていました。

 

なぜ大晦日に「年越しそば」を食べるのでしょうか?

 

「年越しそば」の由来を見てみると・・・

 

大晦日(12月31日)に縁起を担いで食べる蕎麦で、歳末の日本の風物詩ともなっている、日本の文化であり風習である。

地域による特色があり、呼び方も晦日蕎麦、大年そば、つごもり蕎麦、運蕎麦、また、大晦日蕎麦、年取り蕎麦、年切り蕎麦、縁切り蕎麦、寿命蕎麦、福蕎麦、思案蕎麦と多くある。

引用元:http://ja.wikipedia.org/wiki/年越し蕎麦

 

 

いろいろある呼び方を見てみると

「寿命蕎麦」は長生きを、「福蕎麦」は福を願って食べる

いかにも縁起ものって感じですよね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

年越しそばは、江戸時代から食べられているそうです。

 

年越しに「そば」を食べる意味は

  1. 麺類の中でそばは千切れやすいため、
    一年の苦労を切り捨てられるように
  2. 人生をそばのように細く長く生きられるように
  3. そばは雨風に打たれて弱っても
    日の光に当たればすぐに立ち直る植物だから

など、たくさんの説があるそうです。

 

一年の苦労を切り捨てられるように、だと

上に書いた「年切り蕎麦」「縁切り蕎麦 」という

呼び方をするのもわかりますね!

 

地域によっては「細く長く」のそばではなく、

「人生は太く長く」と願って、うどんを食べる所もあるとか。

 

年越しそばは、そばの特徴にあやかって食べる

縁起ものということですね!

 

 

年越しそばはいつ食べるの?

 

あなたは年越しそばを

大晦日のいつ食べていますか?

 

私は23時台くらいに食べています^^

 

年越し間際に食べる人もいれば

夕食として食べる人、大晦日ならいつでもという人、

あと年を越してから食べる人もいるかもしれませんね。

 

 

「じゃあ、いつ食べるのが正解なの?」

 

というと、決まった時間があるわけではないそうで

”年を越す(0時)までに”食べ終われば良いと言われています。

 

 

旧暦の毎月最終日を「晦日」、

一年の最後の「晦日」を『大晦日』と言い、

『大晦日』はお正月にやってくる年神(としがみ)様を迎える日。

 

年越しのときを迎えられるように

夕食を食べてそばは夜食として食べても、

夕食にそばを食べても、朝でも昼でも

好きな時に食べて良いということですね。

 

 

年越しそばは「かけそば」が定番?

 

最後に、年越しそばの定番といえば

やはり温かいそば、かけそばでしょうか?

 

 

年越しそば=かけそばに決まってるでしょ~

と私は思いっていたのですが、

かけそばでなくても、ざるそばでも良いそうです!

 

麺類というと、そば/うどん/中華そばなど

たくさんの種類があり、その好き嫌いもありますが、

温かいのが好み、冷たいのが好みというのもありますよね。

 

なので、冷たいそばが好き!という人は

気兼ねなく、年越しそばにざるそばを食べてくださいね!

(からだを冷やさないように気をつけてください^^;)

 

 

まとめ

 

年越しそばは

 

一年の締めくくりである『大晦日』に

 

  • その年の苦労を切り離すため
  • これから細く長い人生(長寿)を願って

 

などの意味を込めて食べる縁起もの。

 

 

お正月には年神(としがみ)様という神様がやってくるので、

年を越す1月1日0時までに年越しそばを食べて

年を越すそのときまでに備えておくこと。

 

そばの種類はかけでも、ざるでもお好みで!

 

ということですね。

 

これで何も考えずに食べていた人は

縁起が良くなる(気がする)し、

お子さんに「年越しそばって何で食べるの?」と

急に聞かれてもバッチリ回答できますね!w

 

大晦日は、一年無事に過ごせたことに感謝して

年越しそばをおいしくいただきましょう!!!

 

 

 

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ