日本と海外で違う?「バレンタインにチョコをあげる」由来・意味

バレンタインプレゼント_mini

2月14日のバレンタインデー、
「いつ・だれが・どうして」はじめたか
知っていますか??

気になるバレンタインデーの
由来や意味について調べてみました^^

 

スポンサードリンク

バレンタインデーの元となる言い伝え

今から1800年ほど昔、
ローマにウァレンティヌスという
聖職者がいました。

あるとき、ローマ帝国皇帝が
妻を持つことで兵士たちの
士気が下がらないように、
と結婚を禁止しました。

しかし、ウァレンティヌスは
それに反して兵士たちの
結婚式を行ったために捕まり、
処刑されてしまいました。

 

恋人たちの守護聖人として
信仰される
ウァレンティヌスの
殉教日が2月14日であったため、

その日を「バレンタインデー」
としたそうです

 

言い伝えなので諸説ありますが、
本当ならウァレンティヌスさん
最期はかわいそうだけど、
いい人ですよねぇ(*´・ω・`)w

 

スポンサードリンク

日本のバレンタインのはじまり

戦前、日本へやって来た外国人により
バレンタインデーがイベントとして
行われていました。

しかし、日本で実際に定着したのは
1970年代の後半のこと。

女性が男性にチョコレートを贈り、
想いを伝えるというイベントになりました。

今ではバレンタインデー=これ!
という感じですが、実は言い始めたのは
とある製菓会社だといいます。

つまり、私たちはお菓子業界の
策略にハマっているのでした・・・(笑)

 

日本と海外で違う?現在のバレンタイン

日本では、女性から男性へ
チョコを渡すのが定番化しています。

2月14日は世界中で女性から男性へ
愛が伝えられるのね~♡と思ったら、
海外では違うことが多いんだとか。

というわけで、世界の
バレンタインについてまとめました!

 

アメリカ

●贈る相手や気持ち

「女性から男性へ」もあるが、
「男性から女性へ」が多い。

好意を寄せている相手、
お世話になっている人、
パートナーなどに
好意や感謝の気持ちを伝える。

 

●贈るものや過ごし方

花やカードを贈り、レストランで
食事して過ごすことが多い。

 


 

好意を寄せる人や恋人だけでなく、
ふだんお世話になっている人にも
気持ちを伝えるのはいいですね!

 

ヨーロッパ

●贈る相手や気持ち

恋人同士、
特に「男性から女性へ」。

「告白をする」というより
「愛を確かめ合う」ため。

 

●贈るものや過ごし方

カードを添えて、花や
ワイン、シャンパンなどを贈る。

 


 

イギリスの菓子・飲料メーカー・
キャドバリー・シュウェップス社が
19世紀後半、ハート型の箱のチョコを
発売したのが現在のバレンタインの
発祥とも言われています。

 

韓国

●贈る相手や気持ち

日本と同じく「女性から男性へ」。
意中の相手、本命の相手。

 

●贈るものや過ごし方

ラッピングされた大きな
バスケットにチョコレートを
たくさん詰めて贈る。

 


 

韓国は日本と同じ感じなんですね!
でも、バスケットに入れてチョコを
渡すっていうのが独特ですね。

ほかのプレゼントを贈る場合も
ありますが、手作りチョコを
贈ることはあまりないようです。

チョコ入りバスケットは
3万ウォン~15万ウォン程度
(約3000円~1.5万円!)と
値段もいろいろです。

 

中国

●贈る相手や気持ち

恋人同士。
「男性から女性へ」がメイン。
「情人節」=「恋人の日」と
呼ばれている。

 

●贈るものや過ごし方

バラの花とプレゼントを贈り、
食事をして過ごす。

プレゼントにはペアアクセサリーや
パソコン、携帯電話なども!

 


 

中国のバレンタインデーでは
大きな花束やプレゼントが
重視されるそうです。

特に高級なプレゼントを
贈ることが多いみたいです。
これはうらやm・・・大変ですね(;´∀`)

 

まとめ

日本では、女性から男性へ
チョコを贈りますが、世界を見ると
贈る相手も内容もいろいろですね。

ということは、ホワイトデーも・・・?

 

バレンタインデーについては
他にも記事を書いていますので、
ぜひ見てみてくださいね♪
【関連記事】

バレンタインに♪初心者でも簡単×本格!手づくりチョコレシピ集

2015バレンタインレシピ★チョコが苦手な彼氏に手作りならコレ!

バレンタイン甘いものが苦手な彼に!甘さ控えめチョコレート特集

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ