バレンタインに彼氏に渡すチョコの量は?大量だと本気度UP?!

バレンタイン チョコレート

もうすぐバレンタインですね!

彼氏にチョコをプレゼントしようと計画されている方も多いと思います。

でも渡すとき、特に手作りだと、どれくらいの量がいいのかって悩みませんか?

そこで今回はバレンタインに渡すチョコなどスイーツの量についてポイントをまとめてみました!

スポンサードリンク

チョコは大量にあげれば本気度UP?!

さて、チョコはどれくらいの量あげるのがベストなんでしょうか?

チョコの量が多い場合に考えられることを見ていきましょう。

 

まるでお店のチョコレートのようにラッピングやパッケージをちゃんとして渡す場合は、量が多め、例えば20個とか入っていても大丈夫だと思います。

お店で売っている既製品でもそれぐらいの量のものはありますし、もっと多いものもありますよね。

彼氏がチョコ好きで気心が知れた関係であるならば、たくさんあげるのもありでしょう!

 

でも、注意したいのは量が多いと安っぽく見えてしまうこと。

義理チョコ感が出たり、安売りセールの詰め合わせみたいなイメージになってしまうんですよね^^;

そこは、中が細かく仕切られた箱を使うなど、パッケージにこだわることで回避できます。

間違ってはいけないのは、量が多ければ気持ちの本気度が上がるわけではないということ。

あくまでチョコレートは気持ちに添えるものなんですよね。

 

なので、ほどほどにバランスよく、4~10個くらいでパッケージするのが可愛らしくていいと思いますよ♪

(あまり少なすぎても義理チョコっぽく感じるらしいので気をつけましょう!)

スポンサードリンク

ケーキはホールであげてもいいの?

続いてチョコではなく、ガトーショコラなどケーキをあげる場合。

ホールであげても喜んでもらえる?カットして小分けで渡した方がいい?と悩む方もいると思います。

 

ケーキの場合、相手がケーキ好き、甘いもの好きであればホールで渡すのもありでしょう!

と言っても日持ちしませんし、大きすぎるケーキだと食べきれない可能性もあるので小さめのサイズがいいですね。

ケーキのサイズが大体、何人分になるかというと・・・

  • 4号(12cm)→2~4人分
  • 5号(15cm)→4~6人分
  • 6号(18cm)→6~8人分
  • 7号(21cm)→8~10名
  • 8号(24cm)→10~12名

と、3cmサイズがUPするごとに2人分増えます。

彼氏1人で食べるなら4~5号、彼女もいっしょに食べるなら5~6号くらいがいいでしょうね。

 

小分けにしてあげてもいいと思いますが、中には残りはどうしたの?と思う人もいるんだとか。

渡すのが1~2切れだと、残りは味見で食べちゃった♪というにはちょっと量が多いかもしれませんねw

小分けで渡したいときは、カップケーキにするなどの工夫をしてみると良いと思いますよ。

 

まとめ

今回は、バレンタインに渡すチョコの量はどのくらいがいいの?ということで情報をお届けしました。

あまり多すぎても少なすぎても義理チョコ感が出てしまう可能性あり!

適度な量で可愛くラッピングして渡すのが良いですね。

ケーキはおいしく食べてもらうためにも、食べきれそうな量であげましょう。

チョコといっしょに気持ちを伝えて、素敵なバレンタインを過ごしてくださいね♪

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ