さくらしんまち歯科医院:避けるべきブレースの色

着用は、数年続く場合があります。あなたが受けている治療とあなたの症例の重症度。色付きのバンドは、歯科治療全体をより楽しくすることができ、あなたの個性やあなたが望んでいる印象を示す刺激的な色を選ぶことができます。 ただし、色を間違えると、歯が魅力的ではなく奇妙に見える可能性があります。笑顔を台無しにしないように、次の色を取得する前によく考えてください。

中かっこに注意を向けないように、中かっこを非表示にするために白を使用することを検討してください。特定の食品、特にお茶やコーヒーなどの歯に汚れを残す食品を何度も飲んだり食べたりすると、色がオフホワイトに変わり、中かっこが汚れて見えることがあります。また、エナメル質の自然な色よりも色合いが白いため、歯が黄色く見えることもあります。

黒と灰色

白い中かっこで歯が黄色っぽく見えるだけの場合は、暗い色を使用するとうまくいくと思うかもしれません。残念ながら、黒と灰色を使用した人々は、遠くから歯が腐っているように見えたため、これらと否定的な経験を共有しました。歯とのコントラストがそれほど強くならないように、暗すぎない色合いの色を選択してみてください。

ダークブラウンとダークグリーン

ネイビーブルーやダークパープルなどの暗い色は、より白い歯の印象を与えるのに役立つ場合があり、色合いは自然な歯の色とのコントラストが良好です。ただし、濃い緑と茶色は、中かっこに食べ物が詰まっているように見える可能性があるため、同じ効果が得られない場合があります。最近昼食をとったばかりのように見せたくない場合は、快適に感じる他の色を探すことができます。

黄色と金

これらの色は、自然の歯には似合わないため、絶対に避けてください。 ;近くから見ても遠くから見ても、黄色に見えるようにすることしかできません。歯はかなり白く、黄色の染みはありませんが、黄色または金色のブレースを使用すると、他の方法で歯を見せることができます。歯の色は人によって異なるので、自然な黄色がかっている場合は、シルバーまたはクリアバンドを選ぶことができます。

これは自然な歯の色とよく合いますが、歯茎の出血の印象を与えることができます。一部の患者は、人々が色付きの帯を血液と間違えることが多いと報告しているので、他のものを選ぶのが最善です。ただし、この色が必要な場合は、互いに補完し合う限り、別の1つまたは2つの色と対比することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Theme: Overlay by Kaira Extra Text
Copyright (C) 2020 さくらちゃんねる24 All Rights Reserved.